サムネイル

三國志・戦国時代 ストラテジーゲーム

【率土之濱】ストラテジー目線で特徴解説!本音の評価レビュー

今回解説するゲームアプリは「率土之濱-大三国志-」。

このゲームは、「三国志」をモチーフにしたストラテジーゲームで、一城の主になったプレイヤーが、三国志の武将と共に乱世の平定を目指すという、三国志好きには夢のようなストーリーを楽しめるのが魅力です。

自分の国を発展させ、仲間の武将を強くして、三国志世界で最強の国を造りましょう!

正に王道のストラテジーゲームです
0
みり

ゲームイメージ

 

また、このゲームは、ストラテジーゲームとしては珍しい「シーズン制」を採用していて、そのシーズンごとにマップが変わり、そのマップの中でも季節や天候が移り変わります。戦ってくれる兵の「士気」も戦闘に関わってくるなど、なかなかに複雑なシステムです。

概要2

三国志の世界で成り上がりましょう!

 

率土之濱」はこんな人にオススメ

  • 三国志が好きな方
  • 本格的なストラテジーゲームをプレイしたい方
  • 美麗グラフィックの武将を育成したい方

 

ダウンロードはこちらから⇓

率土之濱-大三国志

率土之濱-大三国志

NetEase Games無料posted withアプリーチ

 

プレイ後の独断と偏見による本作評価はこちら!!!
0
みり
ストラテジー度
やり込み要素
課金必要性

 

どんなゲーム?

基本情報

タイトル 率土之濱-大三国志
ジャンル 戦略シュミレーション
配信開始 2022年12月
料金 無料(課金アイテム有)

 

 

プレイヤーは小さな城の主

プレイヤー

黄巾の乱に端を発した乱世の時代で、プレイヤーは、小さな城と領地を持つ主となります。
自分の領地を広げ、発展させていく……というのが、このゲームの目的です。この辺りは、王道のストラテジーゲームという感じがします。

肝心のストーリーですが、このゲームではシーズンごとにストーリーが切り替り、色々な情勢下で国を成長させていくことになります。
今ゲームを始めると、開設したばかりの「国際サーバー」に割り振られてゲームをプレイすることになるのですが、国際サーバーの最初のシーズンのストーリーは、「呂布」と「曹操」の戦いから始まります。

呂布の圧倒的な軍勢に敗れた曹操は、再起を図るために落ち延びた先でプレイヤーに出会い、プレイヤーと共に戦うことになる……という流れです。その後は、曹操がナビゲーターとなって、プレイヤーにゲームの流れを教えてくれます。

三国志や、それをモチーフにした作品では悪役として描かれることの多い曹操がパートナーと言うのは、斬新ですね。

普通なら劉備とかが出てきそうなところですからね
0
みり

 

ゲーム進行は王道のストラテジーゲーム

進行

ここでは、このゲームの進行方法について紹介していきましょう。

プレイヤーは、自分の領地を大きく成長させていかなければなりません。そのためには、まず、「城砦」のボタンから、所持している武将を編成して、戦う準備をしましょう。
最初は二人までしか武将を編成できませんが、ゲームを進めていくと三人編成できるようになるので、頑張るのみです。

進行2

また、武将はそれぞれ部隊を引き連れて戦いに赴くので、編成したら「徴兵」で兵を集めてあげましょう。戦闘で兵の数が減っても、「徴兵」で補充できます。
ちなみに、兵たちには「士気」が存在し、天候や時間で変動します。

注意ポイント

士気が低い時に戦闘に出すと、負ける可能性が高まるので要注意

 

進行3

武将を編成したら、マップへ移動し、周りの土地を占領しましょう。

マップは四角に区切られていて、自分の城の周りの四角から占領していくこととなります。
占領する時には戦闘が発生し、そこで勝利すると武将が「武将経験値」を獲得する仕組みです。この「武将経験値」で武将はレベルアップします。

キラキラ
ちびドラ
マップの中には国の発展に便利な施設もあるので、効率よく占領していこう

 

内政

戦うだけでなく、「内政」も非常に大切な要素の1つです。

領内の色々な施設を開設したり、レベルを上げたりすることで、国はどんどん強くなります。中には、武将に「戦法」という戦闘時に発動するスキルを付与するための施設など、重要なものもあるので、忘れずに発展させていきましょう。

他にも、武将を強くする「演武」など、国を大きくするためにすべきことが盛りだくさんなゲームなのです。

 

シーズンごとに移り変わるマップとストーリー

map

このゲームの最大の特徴の一つが、「シーズン制」です。

「シーズン」という一定の期間が過ぎると、これまでのステータスが一部リセットされ、再び、城を築く地方……つまりサーバーを選びなおさなければなりません。

さらに、シーズンごとに中国大陸の勢力図が移り変わるので、選べる地方が毎回異なってきます。もちろん、シーズンによってストーリーも変わります。

このゲームのモデルである三国志も、ものすごい勢いで戦局や勢力図が変化するので、本当に激動の時代を生きている感覚を楽しめるのです。

 

プレイヤーを飽きさせない仕組みですね!
1
みり

イメージ

 

「率土之濱 」のストラテジーポイントを解説!

武将に装備する「戦法」

戦法

武将は、レベルを上げる他に、「戦法」というスキルを付けてパワーアップさせることができます。
この「戦法」は最大で3つまで装備させることができますが、そのうち一つは最初から身に着けています。残りの2つのスロットを開放するには条件があるので、武将をしっかり育成していきましょう。

戦法には種類があり、発動するタイミングなどが違ってきます。また、武将の兵種によっては付けられない戦法もあるので、どの武将にどんな戦法を付けるのかは、プレイヤーの腕の見せ所です。

戦法によっては、どの武将と一緒に編成するかも変わりそうですね!
3
みり

 

変動する「士気」と「マップ」

map

先ほど、「シーズン制」の話はしましたが、変動するのはサーバーとストーリーだけではありません。

どのシーズンでも、ゲーム内のマップは様々な移り変わりを見せます。

現実の時間に合わせて朝から夜になったり、天気が変わったりして、たまに大きな災害が襲ってくることもあり、プレイヤーはこれらに振り回されるのです。
マップの状況は戦局を大きく変えるので、戦闘の際はタイミングを見計らうことも大切になってきます。

士気

さらに、「士気」も、戦闘の勝敗に関わる要素なのですが、マップの状況変化と連動しているところがあるので、気を付けましょう。

基本的には、夜の時間は士気が低下します。また、天候や災害でも変動するので、戦うタイミングを見誤ると大損害を被ることもあり得ますよ。
あと、当然戦闘で負けると士気は低下するので、この辺りの変動と上手く付き合うのが、強い国を造る秘訣です。

天気

 

「同盟」で助け合い

同盟

他のプレイヤーとの外交関係も、強い国を造るためのカギといえます。

このゲームには、「同盟」というシステムがあり、どこかの同盟に加入することで、色々な恩恵を受けることができます。資源の生産量が上がり、出兵できる範囲も広がります。同盟の仲間が、自分の土地を守ってくれることもあるかもしれません。

しかし、恩恵を受けるだけでなく、自分も味方の領地を守らなければいけなくなります。さらに、同盟のリーダーが敵の攻撃を受けて「陥落」すると、同盟メンバー全員の領地が「陥落」状態となるなど、集団行動らしい制約も出てきます。

ちなみに、陥落すると、自由なゲームプレイができなくなるので、同盟に入ったら、リーダーの領地の防衛に気を配りましょう。

気を配る要素が多くて、ゲームを面白くしていますね!
1
みり

 

課金について

課金

本作では課金によって「王符」を購入することができます。

課金

 

王府の主な使い道

  • 武将を手に入れるためのガチャを引く
  • 施設の即時建設・即時レベルアップ
  • 「市場」でのアイテム購入

武将

 

オススメパック

オススメ

初回課金特典が非常に便利でオススメです。

限定武将とその他特典が付いてくるので、新人プレイヤーにとって大きな助けとなってくれるでしょう。

少額課金であってもリターンが大きい
3
みり

 

まとめ

評価

ココがおすすめ

・シーズン制のおかげでゲームに飽きない

・「陳情」というミッションをクリアしていけば、自然と領地が発展していく

・グラフィックが綺麗

ココが残念

・シーズンごとにリセットされるものが多くて、喪失感が大きい

・システムの説明不足感が否めない

・他のストラテジーゲームシステムと似通った部分も多い

 

最後に

ここまで、「率土之濱-大三国志」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
変動するマップや士気、武将の戦法など、色々な部分に考えを巡らせて戦うのは、難しいですがやりがいがありますし、シーズン制で刻々と移り変わる勢力図は、見ているだけでも楽しいです。
ミッションのシステムで領地の発展もさせやすいので、戦闘に専念できるのもいいところです。

興味を持たれた方はぜひプレイしてみてくださいね!

-三國志・戦国時代, ストラテジーゲーム

© 2023